その他注目エリア

フーコック島〜ベトナム最後の秘境と呼ばれる島〜の概要

2016/09/22

こんにちは。

ベトナムのリゾート地といって思い浮かぶのはどこでしょうか?そうです、ダナンですよね!ベトナムには、ダナンという有名なリゾート地があり、我々のブログでも何度かご紹介させていただいております!

img_1018

今回は、ダナンではないリゾート地をご紹介させていただきたいと思います。その名も、「Phu Quoc Island(フーコック島)」です。先日実際に行ってきたんですけれども、とても綺麗で驚きました。こんな素敵な景色が見られるところがあるとは…!

フーコック島とは何だ?聞いたことないな、と思った方も多いと思います。本記事では、現在リゾート不動産市場の開発に活発なフーコック島におk

 

フーコック島の概要

まずは、フーコック島の概要についてご説明致します。

フーコック島は、ベトナム本土とは離れ、タイランド湾に浮かぶベトナム最大の島(541㎢)になります。大きさとしては日本の淡路島と同じくらいになりますね。島の南部よりアントイ諸島の小島が連なり、北東部は、カンボジア領の島と国境で接しています。99の山が次々重なり、美しい鬱蒼たる森林に囲まれていて、島全体の7割が国立公園に指定されております。また、2006年にはUNESCOによって世界自然遺産にも登録されました。

2012年末にフーコック国際空港が完成して以来、フーコック島の魅力はベトナム人だけでなく海外にも伝わるようになり、今では多くの観光客が訪れるようになったそうです!

 

フーコック島の特徴

フーコック島では、島民の60%が漁業に従事しています。ベトナムの歴史・文化遺跡や伝統的な手芸村が多く、黒コショウとヌックマムの生産地として有名な場所です。歴史博物館・遺跡地や海洋博物館などの面白い文化施設が多いのも特徴の一つです。

島では、ボートや釣り、ダイビング、シュノーケリングなどといったマリーンスポーツを楽しめます。同時に、ピクニックや渓流沿いを歩くアドベンチャー体験も出来、海と陸の両方の自然を楽しめるスポットというのも特徴です。

私がフーコックで出会った日本人の方は、シュノーケリングのツアーに参加されたとのことでした。

 

フーコック島の白浜ビーチ

もちろん、何と言ってもビーチの美しさは外せません!ロングビーチやスタービーチといった美しい白浜のビーチがあり、特にロングビーチは、ベトナムでは数少ない夕日が海に沈むのを見られるビーチとして人気のスポットです。

img_0873

(筆者が行ったこの日は少し天気が荒れていました。。)

「タイランド湾の真珠島」と謳われるフーコック島では、北から南に渡って複数のビーチが連なっており、島全体がリゾート地といっても過言ではありません。休暇にフーコック島で寛いでみたいですね。

 

フーコック島の観光スポット

フーコック島の観光スポットには、次のようなものがあります。

・カウ岩

・真珠養殖場資料館

・ヴィンパール・サファリ・フーコック

・チャン渓流・ダーバン渓流

・フーコック収容所

・ヌックマム工場

他にも、ディンカウマーケットという夜の市場も楽しみとして挙げられます。100メートルほどの通りにびっしりお店が並び、食事を楽しめたり、サンダルやお土産などが買えたりと、夜のフーコックを楽しむことができるでしょう。

 

フーコック島までのアクセス

実は、日本からフーコック国際空港までの直航便はありません(2016年9月現在)。したがって、一度ベトナムに入国をしてから、乗り継いでフーコック国際空港に行くことになります。

そこで、日本からだとホーチミン・タンソンニャット国際空港経由とハノイ・ノイバイ国際空港経由でフーコック国際空港に行くのがよろしいかと思われます。それぞれ、ベトナム航空、ベトジェット・エア、ジェットスター・パシフィック航空の3社が運航しています。

そのうち、毎日運航しているものを簡単にご紹介致します。ホーチミン・バンニャット国際空港からフーコック国際空港については、ベトナム航空が毎日5〜7便、ベトジェット・エアが毎日6便、ジェットスター・パシフィック航空が毎日5便出ており、所要時間は1時間になります。

ハノイ・ノイバイ国際空港からは、ベトナム航空が毎日2便、ベトジェット・エアが毎日2〜3便出ており、所要時間は約2時間30分になります。

いずれも季節によって増便することがありますので、適宜フライト情報を取得してください。

 

フーコック国際空港

img_0828
img_0827

これが、実際の空港の写真です。印象としては、比較的小規模な空港でした。しかし、やはり出来たばかりの新しい空港は、綺麗でした!

いかがでしたか?フーコック島は現在進行形で発展しており、勢いが感じられました。また行きたい、そう思う場所でしたね!皆さんも是非行ってみてください!

 


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではベトナム不動産をはじめマレーシア不動産、タイ不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。海外・アジアの最新不動産ニュース・投資情報をお届けしているSEKAI PROPERTY TIMESを運営中です。

また、弊社では、希望者に対してベトナム不動産視察ツアー、説明会を開催しております。ベトナム不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-その他注目エリア
-,