ベトナム不動産現地レポ

ベトナムでは物件と駅の間は「時間」ではなく「xx」で表す?!

ビヨンドボーダーズのあきこです。
最近、ベトナム・ダナン不動産のお問い合わせをたくさんいただいております!ダナンでは新築であれば1,200万円からコンドミニアムまたはサービスアパートメントのご購入が可能です。ダナン不動産のお問い合わせがございましたら、お気軽に連絡お待ちしております。今月末ダナンに行くので、みなさんに最新のダナン不動産状況をお届けできればと思います!どうぞお楽しみに!

 


 

DSC_0405

 

さて、本題に入らせて頂きたいと思います。以前弊社ベトナム人スタッフと働き始めたときに、私が感じたベトナムと日本の文化の違いについて共有させていただきたいと思います。

 

もしあなたがこのような質問を聞かれたら、どのように答えられますか?
「家からオフィスまではどのくらいですか?」

 

一般的には
『ドア・トゥ・ドアで20分です。割と家とオフィスは近いよ』
『電車の乗換がうまく行けば40分程度かな。』
といったように「分数」で表すことが多いと思います。

 

ベトナムではなんと、このような答え方になります。
「大体2kmくらい、バイクだとすぐです。」

 

ええええ、ベトナムの方たちは「分数」ではなく「km(キロメートル)」を意識するんですね!
この驚きはディベロッパー訪問にいったときも同じです。
「この駅からあなたのプロジェクトまでどのくらいですか?」

 

ディベさん『たったの800mだよ。』
   私 (お願いだから分数で教えてください。。。笑)

 

この度に日本不動産業界でよく表記されている「1分=80m」の法則を当てはめて計算しています。なのでこの場合は10分となります。

 

 

私は、こうした建物間や建物と駅間を「分数」でなく「距離」で表すのは、ベトナム人が電車ではなくバイクを使って生活をしていることに起因しているのではないかと思っています。バイクの場合、交通渋滞があって、必ずしも時間通りに建物にたどり着くわけではないから、分数で正確に位置関係を伝えているのではないでしょうか。
ベトナム・ハノイには2016年後半に地下鉄が建設予定、ホーチミンも2017年を目安にと言われています。こうした建設が進むとベトナムの方にも「距離」から「分数」で表す人もでてくるのではないかと思います。

 

 

本日はベトナム人の方と実際に現地でお話してわかった、ベトナム人のおもしろい特性についてお話致しました。引き続きベトナム不動産に関する情報もお伝えしていきます。ご質問がある場合は下記のお問い合わせフォームまでご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-ベトナム不動産現地レポ