ベトナム不動産現地レポ

Vinhomes Metropolis(ビンホームズ メトロポリス)周辺の大使館について

こんにちは!

本日はベトナムの最大手不動産開発業者が建設する、Vinhomes Metropolis(ビンホームズ メトロポリス)周辺の大使館についてご紹介致します。

176

(右下に見えるのがVinhomes Metropolisの建設現場、その左手前に見えるのが日本大使館)

周辺の大使館?そんなにたくさんあるの?こう思われた方もいるのではないでしょうか。そうなんです、なんとこのVinhomes metropolisから徒歩で行ける範囲には、少なくとも10ヵ国以上の大使館が密集しているのです。日本で例えるならば、多くの大使館が集まっているエリアである、東京都の港区のような感じと思って頂ければなと思います。

 

大使館が多く集まるエリアに住むメリット

① 安全面

大使館が多く集まるエリアに住むメリットの一つ目に、「安全面」が挙げられます。大使館が集まっている地区というのは、一等地などのインフラが整っていて治安が安定している場所である象徴と言われています。

実際に私がこのVinhomes Metropolis(ビンホームズ メトロポリス)の周辺を散策した際、至る所に警備員が配置されていて、隅々まで目を光らせていました。不動産購入の際に気になるポイントとして、「治安の良さ」は最も重要ですよね。

② 利便性

そして二つ目として「利便性」が挙げられます。お仕事などで急に海外へ出張に行かなければならない際、遠い場所にある大使館へわざわざ行かなければならないのは面倒ですよね。私もベトナムへ来る際のビザの取得で、大使館に行くまでに大変な時間を割くことになってしまいました・・・。

今回、実際にVinhomes Metropolis(ビンホームズ メトロポリス)の建設現場から実際に歩いてリサーチをしてみたのですが、本当に驚くことに言葉通り、大使館が密集しておりました。大使館以外にもインターナショナルスクールも集まっており、国際色豊かな地区だということを肌で感じることが出来ました。

 

周辺の大使館情報

Vinhomes Metropolisの周辺にはどのくらい大使館があるのか、実際に行って調査してきました。以下では、その詳細をお伝えしたいと思います。

① Kim Ma(キンマー)通り

まずは、Vinhomes Metropolisの敷地に沿って、日本人通りとして有名なKim Ma通りへ出てみました。

まず見えてきたのが「リビア大使館」です!その横に現れたのが「ミャンマー大使館」でした。

もうしばらくKin Ma通りを歩き、大きな交差点に出て左側に見えてきたのが「スウェーデン大使館」で、その奥に「ブルガリア大使館」がありました!この時点で既に、事前にマップで下調べしていた情報を超える数の大使館を発見し、一人で驚いていました!

221 (写真はスウェーデン大使館、この左手奥にブルガリア大使館があります)

ブルガリア大使館の奥は行き止まりとなっていたため、再びKin Ma通りの来た方向へと戻り、Van Bao(バンバオ)通りに入ってVinhomes Metropolisの敷地に再び沿って歩いて行くことにしました。

② Van Bao通り

Van Bao通りを行くと、すぐ左手に「ナイジェリア大使館」を発見しました!その横にはシンガポールインターナショナルスクールが現れ、目の前を通り過ぎると、「ブルネイ大使館」、「パキスタン大使館」、「ハイチ大使館」と3ヵ国の大使館が並んでいました。

こんなに一気に色々な国の名前を見るとは・・・圧巻です。

228

(写真はシンガポールインターナショナルスクール、この右隣にブルネイ大使館、パキスタン大使館、ハイチ大使館と続きます)

③ Van Phuc(バンフ)通り

Van Phuc通りへ出てみました。すると、すぐ左手に「日本大使館」が現れました!日本です、来ました我が国ニッポン!思わず嬉しくなっちゃいました。この日は多くの人々が書類を持って日本大使館の前に並んでおり、長蛇の列となっていました。ビザの申請でしょうか?日本とベトナムの交流の活発さを改めて感じ、さらに嬉しくなりました。

IMG_4231 (日本大使館)

これにてようやくVinhomes Metropolisの敷地外を一周したことになりました。Vinhomes Metropolisの敷地の横には大型複合施設Lotte Center(ロッテセンター)がそびえ立っています。そちらの方向にも少し歩いてみることにしましょう。

④ ロッテセンター方面

217

(ロッテセンター)

ロッテセンターの正面に向かって左に歩いて行くと、すぐ隣に「オーストラリア大使館」を確認できました。また、このロッテセンターの中には「韓国大使館」と「フィンランド大使館」が入居していることが発覚しました。ロッテセンター内に大使館とは・・・!

214

(写真はオーストラリア大使館)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。Vinhomes Metropolisの敷地周辺には各国の大使館が密集していることが分かったと思います。

最後に、Vinhomes Metropolisの周辺の大使館を示した地図を以下に示したいと思います。是非チェックしてみてください!


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではベトナム不動産をはじめマレーシア不動産、タイ不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。海外・アジアの最新不動産ニュース・投資情報をお届けしているSEKAI PROPERTY TIMESを運営中です。

また、弊社では、希望者に対してベトナム不動産視察ツアー、説明会を開催しております。ベトナム不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-ベトナム不動産現地レポ
-,