ベトナム不動産現地レポ

ベトナムで安全なタクシーの乗り方

ベトナムで安全にタクシーを乗るために2つのオススメ方法を紹介しています!

ビヨンドボーダーズのあきこです。

 

こないだ少し残念なことが起こりました。。。ベトナム・ハノイにて夜、一人でタクシーに乗ろうとすると、タクシー運転手さんがメーターをつけようとしませんでした。普段からベトナム語で話しかけられる私ですが、この日ばかりは外国人に見えたようです。

 

上司(男性)とタクシーに乗っているときは、一度もそんなことはなかったのに、女性というだけでこのような対応を受けているかと思うと、残念です。

 

ベトナムでは基本的に英語は通じないので、’Why don’t you turn on the meter?’(なぜメーターをつけないのですか)などと言っても無駄なことはわかっています。なので、メーターを指差しながら「メーターつけて、もしつけけんかったら降りんで!」と関西弁で言いまくり、なんとか目的地まで案内してもらいました。。。

 

私の場合は、東南アジア滞在の経験が長く、このような形でのりきることができました。今回は、何事も無く終わったからいいものの、もし不動産視察ツアーに来られるお客様が不動産視察後の自由時間で、このような事態に巻き込まれたら大変です。最近ベトナム在住の日本人の方に聞いた話だと、最近はタクシー運転手さんが地方からやってきている方も多く、ごく稀に武器(銃やナイフ)を忍ばせていることもあるようです。

 

なので、今回ははじめてベトナムにくる方でも安全なタクシーの乗り方について自分なりに考えてみました。私のオススメは「大手のタクシー会社を利用する」または「配車アプリを使用する」ことです。

 

 

大手のタクシー会社について

Mai Linh(マイリン)とVINASUN(ビナサン)というタクシーがオススメです!

Mai Linh(マイリン)タクシーはハノイ・ホーチミン市の両方にあります。

 

 

配車アプリについて

IMG_8681.PNG

「Uber(ウーバー)」「Grab(グラーブ)」です!Uber・Grabの両方とも、支払いはクレジットカードで行われるので、精算をする手間がかかりません!Grabの場合は、現金での支払いもできて便利ですよ!

 

これらを使うようになってから支払いのストレスは減りました!ただ、これらの配車アプリを使ってタクシーを呼ぶ際に具体的なアドレスを伝える必要があるので、ハノイの場合は近くにいるベトナム人に携帯を渡して、自分の現在地を伝える必要があることが多いです。。。

 

みなさんも安全・快適にベトナムで過ごすために、大手のタクシー会社、配車アプリを積極的に使っていきましょう!

 

 

 

ベトナム不動産視察ツアーに来られた際、オプションで自由時間に観光案内やゴルフコースのツアーを組むことも可能です!下記フォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-ベトナム不動産現地レポ