未分類

ベトナムでの一般的な不動産購入手順

2016/10/18

 

ベトナムの不動産に興味を持っていても、手順や契約の詳細がわからないとなかなか手を出しづらいですよね!もちろん物件によって手続きが多少異なることもありますが、本日は日本人に向けた、ベトナムでの一般的な不動産の購入手順をご説明します。

購入申込書の記入

ご希望の物件が見つかりましたら*ディベロッパー所定の購入申込書にご記入いただき、デポジットをお支払いいただきます。

  • お名前
  • 住所
  • 連絡先
  • 職業

等をご記入いただき、署名をいただきます。

*ディベロッパー=宅地開発業者

けいやく2けいやく

 

不動産売買契約

購入申込書を提出してから*約2週間後、不動産売買契約に移ります。

*購入申込書から本契約までの期間は平均して約2週間ほどとなりますが、ディベロッパー、物件によって異なるので、その都度ご確認下さい。

【概要】

不動産売買契約では、SPA(Sales & Purchase Agreement)と呼ばれる日本でいう売買契約書に、ご署名をいただきます。日本の重要事項説明書と呼ばれる書類はなく、不動産の詳細はSPAの中に記述されていたりします。

【ご持参いただくもの】

契約時にはベトナムに入国することができるパスポートをお持ち下さい。

決済&引渡し

契約が締結されましたら、いよいよ決済と引き渡しになります。

・不動産価格の25%(ディベロッパー、物件の完成度合いによって変わる)

・仲介手数料半金

・税金などの諸費用

 

【お支払い方法】

1.ベトナムで銀行口座を作成し日本からディベロッパーに海外送金

2.現金でのお支払い

 

【登記について】

日本でいう「不動産登記簿謄本」はベトナムでは「ピンクブック(pink book)」と呼ばれています。

こちらの書類は、国の諸機関から個人または組織が「土地利用権、または家・建物の所有権」は土地や家を保有する際に保証するものになります。

 

【引渡しについて】

ディベロッパーによって異なりますが、カギを直接お受け取りいただき、お部屋をご確認いただきます。お客様ご自身で物件をご確認いただき、欠陥等がある場合はその場で申告してください。「売買物件引渡し確認書(handover document)」にご署名いただきます。

 

【日本の不動産との違い】

日本で不動産を契約する場合、基本的には同様な進め方をするのですが、お金の支払い方が少し異なります。日本の場合であれば手付金を支払った後にローンを組むか、引き渡しの際に残りの金額を払うかとなっています。しかしベトナム不動産ではディベロッパーによってまちまちで、竣工前の物件ですと一般的には手付金を支払った後、二か月置きに少しずつ支払い、最後に手付金と同じくらいの金額を支払う形です。竣工後の物件であれば一括で購入できることもあります。気になった不動産のシステムがわからない場合はご連絡ください。

 

まとめ

  • 購入申込書の記入
  • 不動産売買契約
  • 決済&引渡し

以上この1~3の手順が一般的な不動産購入手順になります。

ベトナム不動産に関して何かご不明点ございましたら、

お気軽にご質問下さい!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-未分類
-,