ベトナム不動産現地レポ

超巨大 ハノイのイオンモールロンビエンに潜入!

2016/10/20

みなさん、こんにちは!

 

先日、ベトナムでは3号店、北部ハノイでは初出店となるロンビエン区にある、「イオンモールロンビエン」に行って参りました。

IMG_1457

ロンビエン地区は、ハノイの中心地ではないのですが、整ったインフラで大変注目を集めている地区です。ノイバイ国際空港まで約30分と、空港へのアクセスの良さも魅力です。現在開発を進めている地域なので、これからどんどん発展していくと予想されます。

 

イオンモールロンビエンはただ大きいだけではなく、ショッピングモールという枠を超えた、子供から大人まで一日中楽しめるアミューズメントパークのような施設の充実さに、また絶対来よう!と心に誓い、店を後にしました・・・。

IMG_1396

 

イオンモールロンビエンについて

ロンビエンは、ハノイの中心部よりも約5キロほど北にあり、道路整備や住宅開発が進められている地域です。ハノイの中心部であるホアンキエム湖周辺からタクシーに乗った場合、距離は約8キロ、時間は約20分、料金は約100,000VDN~200,000VDN((約450円〜900円)くらいとなります。

IMG_1395

この近くに構想中のプロジェクトもあり、イオンモールロンビエンはますますの盛り上がりを見せていくと予想されます。そして日系複合型総合施設のイオンモールがすぐ近くにあるということで、不動産の需要も急激に増えるのではないかと考えています。ちなみに、この近くに構想中のプロジェクトにはハノイガーデンシティ・ガーデンビラハノイガーデンシティ・カナルパークがあります。

 

この話題のイオンモールロンビエン、タイトルにもあるように何と言ってもその規模の大きさ!敷地面積はなんと約10ヘクタール、これは東京ドーム約2個分の大きさなのです。

 

建物は4階建て、駐車場1,000台、駐輪場10,000台です。駐車場よりも駐輪場が圧倒的に多いところが何と言ってもバイク大国、ベトナムらしいですね。私が行ったときは建国記念日で祝日だったため、こんなに駐輪場があっても満車で順番待ちをしていました。

IMG_1398

 

気になるショップ

イオンモールロンビエンには、ファッションやコスメ、服飾雑貨などの専門店が約180店舗、また日本のフィットネスクラブ「RENAISSANCE」やスポーツショップ、カフェ、レストラン、フードコート、こども室内遊園地、シネマコンプレックスなどが入居しています。中でも、フードコートは約4,000平米の面積に約2,000席が用意され、ハノイ最大級を誇ります。

IMG_1400

中でもファッションゾーンには、イタリアの人気ブランド「Terranova」や、フィリピン発のカジュアルブランド「Penshoppe」、香港からのグローバルブランド「GIORDANO」、カナダ発のシューズ・アクセサリーブランドの「ALDO」などが軒を連ねています。

 

日本からは、「Rose Bullet edit Tokyo」、ヤングファッションの「WEGO」、ファンシー雑貨などを扱う「サン宝石」などのブランドが集結し、日本のライフスタイルを提案する「JAPAN SELECTION」を展開しています。

IMG_1406

その隣には、「KOMONOYA」という日本の食器などの雑貨を扱っている、赤い鳥居の入り口が目印のいかにも日本らしいお店や、日本でお馴染みの100円均一の「ダイソー」など、日本人にとっては心強い商品を取り揃えたお店が多く展開していました。

IMG_1407

IMG_1410

IMG_1412

IMG_1414

 

もっと詳しく!レストラン、フードコート

まだまだ全部は見切れないものの、一通り店中をぐるっとしたところでお腹が空いたので、昼食をとりに3階のレストランフロアへ行きました。丁度お昼時だったこともあり、辺りはもう人、人、人でした。それでもさすがハノイ最大級、約2,000席もあるおかげで他のショッピングモールなどと比べて混雑は比較的ですが、緩和されていたように感じました。

IMG_1416

IMG_1418

どんなお店が入っているかというと、カジュアルに楽しむことの出来るアメリカ発の「Domino Pizza」、「Burger king」、「Dunkin’ Donuts」などのファストフード店や、日本発の焼き肉店「GYUKAKU」、北海道ラーメンの「HOKKAIDORAMEN&BUTADON OYAMA」などを見つけることができました。

 

また、ベトナムで人気の回転鍋「Kichi Kichi」、タイ料理の「Thai Express」、韓国で人気のダッカルビ店「Yoogane」などの各国の人気店が軒を連ねています。

 

私たちは日本のラーメンが恋しくなったので、「HOKKAIDORAMEN&BUTADON OYAMA」へ入ることにしました。祝日ということもあり、さすがに待ち時間なしで入れるということはなかったのですが、名前を書いて15分程すると、席へ案内されました。

 

早速席に着き、担々麺と豚丼セット(149,000VDN=約670円)を注文しました。担々麺はピリ辛でコクがあり、豚丼は炭火でじっくり焼いているため香ばしく、とても美味しく頂きました。
IMG_1428

IMG_1431

 

探しているものがきっと見つかる

お腹もいっぱいになったところでぶらぶら探検がてら、今日のお目当ての品を探すことにしました。実はこの日はずっと前から、コーヒーのフレンチプレスが欲しいと思っていた為、絶対買いたい!と意気込んでおりました。イオンモールに来る前から、近くのショッピングモールなどで必死に探していたのですが、見つけることが出来なかったのです。

IMG_1413

ぶらぶらと歩いていて目に入る、キッチン雑貨のショップに入っては店員さんに聞いて探すのですが、なかなかフレンチプレスを置いているショップを発見することが出来ません。けれども諦めかけた3軒目!ついにお目当てのフレンチプレスを購入することが出来ました。

IMG_1700 (1)

イオンモールロンビエンの良いところに、私は一番に豊富なショップの数々という点が挙げられると考えています。他のショッピングモールになかなか置いていない商品でも、ここイオンモールロンビエンには同じカテゴリーでもたくさんの種類のお店があるため、選択肢の幅が増え、ずっと探していたものが買えた!となる可能性が高いと思います。

 

ずっと探していてなかなか見つけられないんだけど欲しいものがある・・・という方は是非足を運んでみてください。
IMG_1405

 

ローカルも輸入品もおまかせ!総合スーパー

一階には、産地から直接買い付けを行った安心安全で新鮮な生鮮食品、忙しい毎日をサポートしてくれる美味しい冷凍加工食品、日用消耗品などを幅広く取り揃えた総合スーパーが広がっています。

IMG_1433 (1)

150席のイートインコーナーがあり、日本やベトナムなどのアジア各国の人気メニューを取り揃えた「デリカワールド」でお食事を買い、出来立ての状態をご家族みんなで楽しめます。

IMG_1411

また、日本で絶大な支持を誇る「トップバリュ」のほか、日本の人気商品も多数に取り揃えています。毎日の生活に欠かせない調味料などを、安心の日本ブランドで手に入れられるのは嬉しいですよね。

 

IMG_1701

 

さいごに

以上、いかがでしたか?ベトナムに住んでいながらにして日本のサービスや商品が手に入るのは嬉しいですよね。それに加え、ベトナムの文化とも融合し、ショッピングモールの枠を超えた施設であるということがこのイオンモールロンビエンの最大の魅力だと思います。

 

不動産のご購入をご検討中の方にも、イオンモールの存在によりこれからますますの発展を遂げるであろうロンビエン地区にご興味を持って頂けたのではないでしょうか。

 

是非一度、イオンモールロンビエンへ足を運んでみて頂きたいと思います。

 


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではベトナム不動産をはじめマレーシア不動産、タイ不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。海外・アジアの最新不動産ニュース・投資情報をお届けしているSEKAI PROPERTY TIMESを運営中です。

また、弊社では、希望者に対してベトナム不動産視察ツアー、説明会を開催しております。ベトナム不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

目的(必須)
不動産視察ツアーに参加したい詳細資料が欲しいその他

お問い合わせ内容(必須)※お探しの物件条件等をできる限り細かくお書き下さい

-ベトナム不動産現地レポ
-, ,